スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずみずしい日常、池上喫水社のあれこれ

朝の水汲みレポートに続いて、池上喫水社のあれこれをレポートします。
コーヒーへ入れる氷の袋に水場の名前のメモ発見。
ikegami2.jpg

L PACKの小田桐さんと話しているときに
「コーヒーを淹れる6か所の水にあわせて、氷もそれぞれの湧水で作っていたんですね!」
と驚きを伝えたところ、
「まあでも、そこは強く伝えたいところではないから」
とさらりと答えが返ってきました。

何を伝えたいですか?と聞いてみたら
「池上喫水社だったら、あの蔵があって、そこでコーヒーを淹れて、コーヒーを飲んで。
そういう時間や空間」。

バックパックにカフェの道具を詰めてやってきたL PACKは
コーヒーの道具を広げた場所で
あれこれと試行錯誤しながらカフェ空間を作り上げるのだなぁと思ったら
自分が体験したコーヒーとガラスと庭に吹く風などのすべてがピンときました。

朝暗いうちからの水汲みにしても、氷にまで気を配ることも、
伝えたいわけではないという細やかな仕事が
本当に伝えたいことを裏付けているのは言うまでもないことです。

そしてもうひとつ。
あのコーヒーを落とす道具ですが、
水が伝っていく細い管も、コーヒー豆の入っている心臓部も、
すべて田中恭子さんの作品です。
基本的な構造だけを打ち合わせて、あとは田中さんにお任せで作成したのだとか。
水が雫になってガラス管をすべっていく様子や、
ぽたりと落ちる瞬間の涼やかな音は多くの人を魅了しました。

池上邸の蔵の中で、田中さん(中央)、L PACK中嶋さん(左)、L PACK小田桐さん(右)
ikegami1.jpg

見逃してしまった!という方に朗報です。
田中恭子さんの作品は、みずみずしい日常ラボに展示されます。
また、L PACKのコーヒーはみずのサロンにて味わえます。
みずのサロンではまたメニューが変わるそうです。

池上喫水社は、田中恭子さん、L PACK、人場研(まんばけん)による作品です。
本企画のコンセプトからシナリオ、空間デザインなど、多岐にわたっての制作を行っている人場研は、
建築家×現代美術家の4人組。
みずみずしい日常の企画全般を手掛けています。
人場研ってどんなアーティスト?こちらはまた別レポートで!

(あや乃)(写真・百瀬裕子)

<田中恭子>
http://www.azumino-glass.com/
http://www.doremi-glass.com/

<L PACK>
http://lpack.exblog.jp/

<みずみずしい日常ラボ>
5月16日~31日
松本市美術館1F子供創作館

<みずのサロン>
~5月31日までの土日
開催場所は週末ごとに異なります。詳細はもうしばらくお待ちください。

comment

⇒ Re: タイトルなし  by工芸の五月企画室 (URL)  at2009-05-19 00:30 X

mimiさん

池上邸お越しくださってありがとうございます。みずみずしい日常の「みずまつり」という企画の枠で、16日からはDailyLife-些細なこと-が始まっています。

みずのサロン、すでに2回行いましたがどちらも松本の湧水のディープなおもしろい話が講師の先生から飛び出しています。今週末、お時間あったら是非お越しくださいね。

一光

⇒   bymimi (URL)  at2009-05-13 14:34 X

工芸の五月ブログを参考に、池上邸に行ってきましたよー。8時間かけて作られた水だしコーヒーのおいしいこと。ガラスも蔵もかっこ良く、お庭もデザートも器ものれんも(あー、一言では言い切れません)みなマッチしていました。

また水サロンの情報も楽しみに待っています。
非公開コメント

プロフィール

工芸の五月企画室

Author:工芸の五月企画室
                                
工芸の五月2009は4月25日(土)からスタート。クラフトフェアまつもと最終日5月31日(日)まで松本市を中心に長野県内各地で開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログの記事や写真等のコンテンツ、データなどは無断転載、無断コピーを禁止します。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。