スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずみずしい日常、草の庭カフェ

5月31日までの金~日に、池上邸にて「草の庭カフェ」が開かれました。
水出しで淹れた加賀棒茶と和菓子でひと休みできる和みスポットとなっていました。

最終日はあいにくの雨。辻和美さんのインスタレーションを行った蔵の中で開催されました。
ベンチはベロ工房・指田哲生さんの作品。
kusa03.jpg

週代わりの和菓子は久保原真理さんによるもの。
久保原さんは、松本市で「七草」という和菓子教室を主宰していて
教室に通う人を中心に、おいしい!と評判を呼んでいます。

辻さんのガラスの器と、三谷龍二さんのトレイに載せて。
kusa01.jpg

草の庭のメニューとして選ばれたのは、かるかん、味噌饅頭、水ようかん、の3種類。
「松本近隣の食材を使うことを第一に考えました。
お茶会というと練りきりが定番ですが、
今回は練りきりではなく地元のものを大切にレシピを選んでいます。
それから、みずみずしい日常がテーマだったので、水を使うようなものを」と久保原さん。
たとえば、山芋、味噌、小豆などが地元産。
知り合いの方が作っている食材もあるのだそうです。
kusa02.jpg

5月最後の週末に供された水ようかんは、つるつるぷるりとした食感が新鮮。
こんなに口溶けのいい、みずみずしい食感の水ようかんがあるなんて!
そういえば、先週の味噌饅頭も
鼻にふわりと抜けていく味噌の香りにうっとりしました。
懐かしいのに新鮮さがある和菓子です。

(あや乃)(写真・百瀬裕子)

<七草>
http://web.mac.com/nn_mk/site/%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D.html
和菓子教室は体験もできますのでお問合せください。

comment

非公開コメント

プロフィール

工芸の五月企画室

Author:工芸の五月企画室
                                
工芸の五月2009は4月25日(土)からスタート。クラフトフェアまつもと最終日5月31日(日)まで松本市を中心に長野県内各地で開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログの記事や写真等のコンテンツ、データなどは無断転載、無断コピーを禁止します。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。