スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずみずしい日常ラボ スタートしています!

みずみずしい日常の要素が凝縮された「みずみずしい日常ラボ」が松本市美術館1Fの子供創作館で16日からスタートしました。
1_20090519221123.jpg
美術館中庭に面した建物にある子供創作館。このサインが目印です。

 みずみずしい日常ラボ、実はこの研究室は「みずの博士」という方が日夜松本のみずを研究されている所です。しかしながらみずの博士は常に多忙なみずの調査に出かけているため不在。代わりに白衣姿の助手の方がラボを案内してくれます。

 ラボの中には一見すると???なものがあふれています。消火用バケツ、たわし、湧水の出る井戸を再現したかに見える模型。みずみずしい日常で開発したみずさじ、池上喫水社で使用した水出しコーヒーのガラス器具などなど。

P1080338.jpgこれらはみずの博士の研究の収穫物のようです。
写真右側の展示物は現在の松本のみずばで実際に使われている道具の数々。中央に設置されている箱は街中にある特徴的な井戸を再現しています。そして左側にあるのはこの五月にあわせて人場研と地元の工芸作家が協力して制作した新たなアイテムの数々。

P1080339_20090519224924.jpg

P1080340.jpg

P1080341.jpg
井戸を再現したボックスになにやら描かれている数式やスケッチはみずの博士による研究メモです。井戸の持ち主の方のバケツの絶妙な傾け具合を様々な角度から分析されているようです。

まだまだこれだけでは「みずみずしい日常ラボ」の魅力は語りつくせません。みなさまどうぞお越しいただきみずみずしい日常の世界を体験してみてください。

(一光)


みずみずしい日常ラボ

会期 5月16日(土)~31日(日)10:00~17:00 *月曜日休館

企画・実施 人場研(一ノ瀬彩×河村藍×齋藤雅宏×野田直希)

主催 松本市美術館・工芸の五月実行委員会

comment

非公開コメント

プロフィール

工芸の五月企画室

Author:工芸の五月企画室
                                
工芸の五月2009は4月25日(土)からスタート。クラフトフェアまつもと最終日5月31日(日)まで松本市を中心に長野県内各地で開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログの記事や写真等のコンテンツ、データなどは無断転載、無断コピーを禁止します。

カテゴリ
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。